リフォームで空間を広く見せるテクニックとは?

家をリフォームするとき、空間を広く見せることは非常に重要です。広く見せることで、部屋が明るく開放的に感じるようになり、ストレスフリーな環境を作ることができます。しかし、どのようにすれば空間を広く見せることができるのでしょうか?本記事では、リフォームで空間を広く見せるテクニックについて解説します。


1. 壁や床の色を明るくする

明るい色は光を反射し、部屋をより広く見せる効果があります。リフォームするときは、壁や床の色を明るめにすると良いでしょう。白、クリーム、ベージュなどの色がおすすめです。


2. 天井を高くする

お部屋の面積が狭い場合は、天井に『高さ』を出すと視野が広がり開放感が生まれます。リノベーションでは、天井ボードを外してコンクリート躯体むき出しにしたスケルトン天井にすることも可能です。また、壁にキャビネットを取り付ける、照明器具を使った間接照明を取り入れる、天井に線を描くなどして天井を高くする方法もあります。


3. 収納スペースを増やす

部屋にあるものが多いと、部屋が狭く感じられます。

リフォームで収納スペースを増やすことで、部屋をスッキリさせることができます!収納スペースを増やす方法はいくつかあります。


①壁面を有効活用

壁面は、収納スペースを増やすのに最も有効な場所です。壁面収納は、床から天井までを有効に活用できるため、収納力は抜群です。また、壁面収納は、空間を圧迫しにくいというメリットもあります。

壁面収納には、さまざまな種類があります。棚や引き出し、吊り戸棚など、収納したい物に合わせて選ぶことができます。また、可動棚にすれば、収納するものに合わせて棚の高さを調整できるので便利です。


②デッドスペースを活用

部屋の隅や柱の周りなど、デッドスペースも収納スペースとして活用できます。デッドスペースを活用する収納には、以下のような方法があります。


・隙間収納

隙間収納は、デッドスペースを有効活用できる収納方法です。棚や引き出しを設置することで、デッドスペースを収納スペースに変えることができます。


・パイプハンガー

パイプハンガーは、部屋の隅や柱の周りに設置できる収納方法です。ハンガーに衣類やタオルなどを掛けて収納することができます。


・ラダーラック

ラダーラックは、階段状のラックです。部屋の隅や壁に設置することで、収納スペースを増やすことができます。

壁に棚を取り付ける、デッドスペースを活用する、収納スペースを有効活用するなどがあります。


③間取りを変更する

収納スペースを増やすために、間取りを変更するという方法もあります。例えば、和室を洋室にリフォームすることで、クローゼットや収納棚を設置できるようになります。また、部屋を広くすることで、収納スペースを広く確保することもできます。


4. 窓を大きくする

空間を広く見せる方法の一つとして、窓を大きくする方法があります。窓を大きくすることで、室内と外部との視界が広がり、空間に奥行きが生まれるためです。また、自然光が入りやすくなることで、明るく開放的な印象を与えることもできます。窓を大きくする方法は、既存の窓を拡大する、新たに窓を取り付けるなどがあります。


5. フローリングを統一する

フローリングを統一すると、部屋が一体感を持ち、広々とした印象を与えます。また、フローリングを統一することで、部屋を繋げているように見せることができます。


6. ミラーを使う

ミラーは光を反射し、部屋を広く見せる効果があります。リフォームでミラーを取り入れることで、部屋が明るく広く感じられます。ミラーを使う方法としては、壁に取り付ける、家具に取り付けるなどがあります。


7. 家具を選ぶ

家具を選ぶ際には、サイズや形状、色などに注目することが大切です。大きすぎる家具は部屋を圧迫し、小さすぎる家具は部屋をスカスカに見せてしまいます。また、色や形状も部屋に合わせて選ぶことが重要です。


8. 照明を工夫する

照明を工夫することで、部屋を広く見せることができます。明るすぎる照明は部屋を狭く見せるため、間接照明を取り入れるなど調光機能のある照明を選ぶと良いでしょう。


9. 扉をなくす

扉をなくすことで、部屋と部屋を繋げることができます。また、扉がないことで、部屋が広々とした印象を与えます。ただし、プライバシーに配慮する必要があるため、寝室などの扉は残しておくと良いでしょう。


10. オープンキッチンにする

キッチンをオープンにすることで、部屋を広く見せることができます。オープンキッチンにすることで、キッチンとリビングを繋げることができ、広々とした印象を与えます。

以上が、リフォームで空間を広く見せるテクニックです。これらのテクニックを取り入れることで、部屋をより広く明るく開放的に感じさせることができます。


おわりに

部屋を広く見せるためのテクニックをご紹介しましたが、どのテクニックも自分の家に合ったものを選ぶことが大切です。リフォームする前に、どのような部屋にしたいのかイメージしてから、工事を進めるようにしましょう。


よくある質問

Q1. リフォームで部屋を広く見せるには、どのような予算が必要ですか?

A1. リフォームで部屋を広く見せるために必要な予算は、リフォーム内容によって異なります。一般的には、数十万円から数百万円程度の予算が必要となります。


Q2. 間取りが狭くて部屋が狭く感じるのですが、どうしたら良いですか?

A2. 間取りが狭くて部屋が狭く感じる場合は、家具を減らしたり、収納スペースを増やすなどの対策が有効です。また、壁を撤去して、リビングとキッチンを繋げるなどのリフォームも効果的です。


Q3. リフォームで広く見せたい部屋があるのですが、どのようなデザインがおすすめですか?

A3. 広く見せたい部屋のデザインは、明るい色を使ったり、間接照明を取り入れるなどの明るい印象のものがおすすめです。また、壁紙やフローリングの色を統一するなど、一体感のあるデザインも効果的です。


大阪市のアスミル工務店では、箕面市や北摂エリアを中心に

豊中市・吹田市・茨木市など近畿一円でおしゃれな注文住宅や

新築工事、リフォームを承っております。

お考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

今までアスミル工務店が手掛けた工事はこちら↓

https://www.asu-miru.jp/showcase

アーカイブ

人気記事